駿台同窓会

HOME | 駿台同窓会 | 学父の経歴

学父の経歴

学父・瀬尾義秀先生の経歴をご紹介。

明治25年 広島県比婆郡高野町に小学校長瀬尾康彦の長男として生まれ、
幼少から博覧強記、また文才も豊かで、
教育者として立つ志も幼い頃からあった。
大正03年 広島県師範学校本科卒、県立広島商業学校教諭
大正10年 上京、大倉高等商業(現在東京経済大学)講師
昭和02年 専修大学経済学部卒、同大教授、
東京女子医専教授(現東京女子医大学)
昭和13年 駿台商業学校(本学園前身)、理事長、校長に就任
昭和25年 文部省青少年教護審議会長として「児童憲章」草案を作成
昭和41年 勲三等瑞宝章をうける
昭和46年 2月12日腎不全により逝去(享年79歳)、総理大臣より銀杯をうける
平成12年 生地の広島県高野町に町としてはじめて、顕彰の胸像と碑文設置

※墓地:多磨霊園(第22区/1種/77側)

toTop