駿台学園の教育

HOME | 駿台学園の教育 | 中学校の教育 | 学習の基本方針

中学校の教育

中高一貫教育の利点を活かした駿台学園中学校の教育。

学習の基本方針

知性や教養に裏打ちされた人間に
駿台学園中学校は、行き過ぎた先取り学習でなく生徒の興味、関心を引き起こしつつ、本質的な理解に結びつくような学習を重視しています。もちろん中学のうちに学んだ方が合理的な内容である場合、必要に応じて積極的に「先取り学習」も行いますが、いわゆる受験テクニックのみの「小手先」の教育を目指すのではなく、深い知性や教養に裏打ちされた本当の意味での教育を目指します。

授業時間数は公立中より20?25%多い
駿台学園は土曜日も授業を行う完全週6日制です。標準時数と比較して十分な授業時間をとりながら、かつての学習指導要領の内容も加味しつつ、基礎学力の確立にも十分な時間を割いて指導を行っています。

バランスのとれた教科配分
公立校よりも多く確保した授業時数を、バランスよく各教科に配分します。まずは国語、社会、数学、理科、英語の5教科は、全て標準授業時数よりも多めに確保します。こうして基本となる学力を確立しながら、さらに音楽、美術にも通常より多く配分しています。これは、バランスのとれた人間になるには、音楽や美術といった情操教育も欠かせないと
考えているからです。駿台学園は、調和のとれた人格の形成を目指します。

身近な目標…各種検定の実施
「知性や教養に裏打ちされた」学問といっても、英単語や漢字の暗記といった基本的なことがらは、反復して学習し、覚えていかなければ身に付かないことも確かです。また、6年一貫教育の間には、短期的な目標を設定し、生徒の「やる気」を常に維持していくことも重要です。そのため、駿台学園では「英語検定」や「漢字検定」の受検を必須とし、分かりやすい目の前の目標を設定することで、成果を上げています。生徒の目標級を設定し、合格をめざして学習し、実際に合格することで生徒の「やる気」は確実に高まります。

toTop