学園紹介

HOME | 学園紹介 | 施設紹介 | 校外施設 北軽井沢一心荘

施設紹介

駿台学園の校舎と充実の設備をご紹介。

校外施設 北軽井沢一心荘

kitakaruizawa_issinsou.jpg駿台学園創立50周年事業を飾る林間施設「一心荘」が昭和58年7月に竣功しました。日本中でもっとも洗練された軽井沢、壮大な浅間山をようするこの土地は古くから人びとを、自然にひき入れる魅力をもっています。

校地面積は20,204平方メートル(6,122坪)建物は鉄筋コンクリート2階建。生徒用宿泊洋室(25室、200名収容)、教職員宿泊室、ゲストルーム、研修教室4室、食堂、浴室、図書室、教材資料室、天文研究資料室、4階には天文台(反射75センチ鏡)、屋外には全天候型テニスコート(4面)をもつ、本格的林間施設です。

1年生の夏季林間学校、クラブ合宿、集中補強授業、同窓会、天文講座等で有効に利用されます。北軽井沢駿台天文台は、世界的にも注目されていますわが国屈指の75センチ経緯儀式望遠鏡で、ハニカム鏡をとり入れた本格的なものです。この経緯儀式の駆動は2軸を同時に回転させるため、高度と方位角をコンピュータによってコントロールし、ナスミス焦点の採用から、観測を容易にする天文台です。

toTop