お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | 学校行事 | 国内修学旅行 5日目 伊江島ホームビジット

学校行事

国内修学旅行 5日目 伊江島ホームビジット

2019/03/10

5日目の本日は沖縄本島を離れ、前日に美ら海水族館から眺めた伊江島にてホームビジットを行いました。

H30国内修学旅行5-1.png


本島の本部港からは、フェリーでわずか30分で到着です。前日の大雨の影響か、風が強く海は少々荒れており、到着まで甲板に出て海を見ていた生徒たちが波しぶきを浴びてしまう、というハプニングもありました。伊江島到着後、伊江港で「入村式」を行ったあと訪間先の方がたと対面し、それぞれのお宅に生徒5、6名がお世話になりました。

H30国内修学旅行5-2.jpeg

はじめは訪問先の方と城山(グスクヤマ)に登った生徒が多かったようです。島で唯一の山ということもあり、頂上からは島の全体が一望できます。登山に疲れた生徒の表情も、頂上からの景色を見ると明るくなりました。

H30国内修学旅行5-3.jpeg H30国内修学旅行5-5.jpeg

ホームビジット先では、ドラゴンフルーツ畑などでの農業体験、魚釣り、貝殻を使った工芸体験、沖縄料理作りなど、それぞれのご家庭で違った作業や体験をしました。また昼は各家庭で沖縄そばやゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理をいただき、タ方になってから伊江港にて離村式を行いました。

H30国内修学旅行5-6.jpegH30国内修学旅行5-4.png


約半日の滞在でしたが、貴重な体験であり財産になったのではないでしょうか。わずか半日の滞在ではありましたが生徒にとっては貴重な体験となったようで、離村式の後もフェリーが出港する直前までビジット先のお宅の方との別れを惜しんでいました。普段は直接知る機会のない各家庭の生活に触れ、「こういう生き方があったんだ!!」と都会とは異なる価値観を知り、視野を広げられたのではないでしょうか。


伊江島から本島に戻ると、バスで南下し、恩納村のムーンビーチホテルに到着しました。沖縄での最後の夜は、バイキング形式の夕食でした。

明日はいよいよ最終日。首里城の見学など、5日間過ごした沖縄そして琉球の歴史について学びます。思い出に残るこの地について、しっかり理解して東京に帰れるよう、集中て見学してほしいと思います。

 

toTop