お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | 学校行事 | 高等学校(全日制)の卒業証書授与式を行いました。

学校行事

高等学校(全日制)の卒業証書授与式を行いました。

2020/03/03

31日(日)、高等学校(全日制)の第86回卒業証書授与式を行いました。新型コロナウィルスの感染拡大が懸念され、国や都から式典の短縮・簡略化が指示される中、入場時のアルコール消毒やマスクの着用を徹底し、座席の感覚を広く取り、常時換気も行うなどの対策を講じた上での挙式となりました。高校12年生は出席せず、卒業生と保護者そして教職員だけが出席しました。

 今年は賞状の授与や祝辞、唱歌の部分は大幅に短縮されましたが、代表生徒による送辞や答辞など生徒が行う部分だけは極力例年通りとしました。校長の式辞は例年に比べかなり短く、卒業後は日本の外の世界を見てきてほしい、厳しい時代だががむしゃらに努力してほしい、当たり前のこともあっという間に当たり前でなくなることがあるので、目の前にあるチャンスは迷わず今活用してほしい、との3点の話に加え、創学の精神である「万木一心(多彩な木のように個性的でありながら協調性も持ち、周囲に貢献する)」を実践してほしいとの激励がありました。

 卒業式後、保護者・生徒からは、変則的ではあるが卒業式ができてともかく良かったとの、むしろ例年以上の喜びの言葉が聞こえてきました。そして、卒業生や保護者が各々記念撮影を行い、別れを惜しみつつ、巣立っていきました。

IMG_1488.jpg IMG_6284.JPG IMG_6322.JPG

toTop