お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第603回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文講座>のお知らせ

その他

第603回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文講座>のお知らせ

2016/06/16

第603回<駿台天文講座>のお知らせ

6月18日(土)18:00から、6月の<駿台天文講座>を開催します。今月は、広瀬洋治先生(天体写真家)に「超新星の出現をとらえる」をテーマに講演していだだきます。

アマチュアに発見可能な天体としては、超新星、新星、彗星などがあります。新天体の発見は、アマチュア天文家の夢です。発見した時の喜びは何ものにも代えがたいものがあります。そしてその発見が天文学の発展につながれば、喜びは更に増します。

しかし、アマチュアにとって昨今の状況はあまり芳しくありません。彗星・小惑星は人工衛星やプロのサーベイチームによってほとんど発見・確認されていて、アマチュアの活躍の場はかつてに比べて遥かに限定されています。にもかかわらず、時として熱心なアマチュアによる新発見のニュースが飛び込んでくることがあります。アマチュアの武器はこれはデジタル一眼レフカメラと小型赤道儀で、これさえあれば実はかなりの程度の捜索可能です。もちろん、綺麗な空と開けた撮影場所が必要であることは言うまでもありません。

今回の講演でとりあげる超新星捜索は、冷却CCDカメラと自動導入可能な天体望遠鏡を使うもので、街中でも実施可能です。講演では、広瀬先生が実践されている超新星捜索の手法とPSN(超新星らしき天体)の測定方法、検査方法、報告の仕方などについてお話ししていただきます。

なお、2016年1月1日から超新星らしき天体を発見した場合の報告の仕方が変更されました。TNS(Transient Name Server)への直接報告というプロセスについても触れていただきます。

晴天の場合は、屋上にある20㎝望遠鏡(ニコン製)で天体観望会を開催します。(夏季の期間は、日没が遅いためお待ちいただくようになりますので、ご承知ください。)

 

●<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

<駿台天文講座>に先立つ毎月第3土曜日の15時30分から、小中学生を対象とした<駿台ジュニア天文教室>を開催します。

<ジュニア天文教室>は、天文や宇宙にこだわらずに身近な科学のお話しや実験で、楽しみつつ科学に興味を持っていただくことを目指していますので、ぜひご参加ください。保護者の方の参加も可能です(小学生は極力保護者同伴でご参加ください)。今月の題目は、どのようにして超新星を発見するか?」で、講師は<駿台天文講座>顧問の中嶋浩一先生です。

 

 

●<第603回駿台天文講座>
日 時:平成28年6月18日(土)17:00~18:00
場 所:駿台学園視聴覚室
講 師:広瀬洋治先生(天体写真家)
題 目:「超新星の出現をとらえる」

●駿台ジュニア天文教室
日 時:平成28年6月18日(土)15:30~16:30
場 所:駿台学園地学室
講 師:中嶋 浩一先生(一橋大学名誉教授)
題 目:「どのようにして超新星を発見するか?」

●入場料:無 料
(予約は必要ありません。直接駿台学園へお越しください。また、自動車でのご来校はご遠慮ください。)

所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)
最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分
 

toTop