お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第607回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

その他

第607回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

2016/10/15

●第51期<駿台天文講座>・第607回<駿台天文講座>のお知らせ

10月15日(土)17:00から、第607回<駿台天文講座>を開催します、今月は、中嶋浩一先生(一橋大学名誉教授)に「宇宙の始まりの理論」について講演をしていだだきます。

すでにご案内の通り、<駿台天文講座>では11月に超弦理論の第一人者の杉本茂樹先生(京都大学教授)をお呼びして「超ひも理論」の話をしていただく予定です。今月の中嶋先生の講演は、来月を意識した予備講座としての性格も持っています。超ひも理論は、「すべてのものの根源は『ひも』その振動」とする大変不思議な理論です。現代物理学の根本問題を解決する理論として、近年大変注目されています。

「宇宙に始まりがあった」ことは、今やほとんどの天文学者・物理学者などに受け入れられた考えですが、この考え方が一般化するきっかけとなったのは「宇宙の膨張」の発見でした。膨張という現実を目の前にして、人々は宇宙と時間との関係に思いを馳せることになりました。「宇宙の膨張」とは、単純に考えれば時間を遡れば「宇宙の始まり」に行き着くことになるはずですが、話はそんなに簡単ではありません。宇宙に始まりがあったとすれば、「始まりの前はどうだったのか」、「なぜ始まったのか」など、大きなナゾが私たちの前に立ちはだかってくるからです。

「宇宙の膨張」の観測事実に対しては、3つの解釈(「理論」)が提示されてきました。1)宇宙の膨張を示しているとする観測事実は、別の解釈が可能であり、したがって宇宙は膨張しているとは考えられない。2)宇宙は確かに膨張しているが、膨張しながらも少しずつ新しい宇宙に生まれ変わるので「始まり」というようなものはなかった。3)宇宙の膨張を逆にたどれば、現在の全宇宙が小さな一か所に集まっていたことになり、そこは超高密度・超高温の「火の玉」状態だった。そして、それが宇宙の始まりとなった。さて、正解はどの理論にあるのでしょうか。

今月の講座を聴講していただくことで、来月の内容が多少とも理解しやすくなるはずです。宇宙理論にご興味がある方は、ぜひご参加ください。 

なお、晴天の場合は、屋上にある20㎝望遠鏡(ニコン製)で天体観望会を開催します。

 

●<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

今月も<駿台天文講座>に先立ち、<駿台ジュニア天文教室>を15:30から小・中学生(保護者の参加も可能)対象に開催します。天文教室は、天文や宇宙にこだわらずに身近な科学をお話しと実験で、楽しく興味を持たせることを目指しています。お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。今月のテーマは「宇宙は、いつごろできたのか?」です。

 

 ●<第607回駿台天文講座>

  日 時:平成28年10月15日(土)17:00~18:00

  場 所:駿台学園視聴覚室

  講 師:中嶋 浩一先生(一橋大学名誉教授)

  題 目:「宇宙の始まりの理論について」

 

 ●駿台ジュニア天文教室

  日 時:平成28年10月15日(土)15:30~16:30

  場 所:駿台学園地学室

  講 師:中嶋 浩一先生(一橋大学名誉教授)

  題 目:「宇宙は、いつごろできたのか?」

 

 ●入場料:無 料

(予約は必要ありません。直接駿台学園へお越しください。また、自動車でのご来校はご遠慮ください。)

  所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)

  最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

 

 

toTop