お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第623回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

その他

第623回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

2018/02/17

●第623回<駿台天文講座>のお知らせ

2月17日(土)17:00から第623回<駿台天文講座>を開催します。昨年、中性子星の合体による重力波が観測され天文学の一大発見と大きな話題になりました。このことを受け、今月は当初の予定を変更して、田中雅臣先生(国立天文台助教)に「重力波天体が放つ光の初観測 ‐金やプラチナの誕生現場、中性子星合体‐」という演題でお話いただくことになりました。あしからず、ご了解ください(中嶋先生のご講演は、あたためて開催する予定です)。

2017年 8月 17日にアメリカの重力波望遠鏡とヨーロッパの重力波望遠鏡によって、中性子星合体による重力波が初めて観測されました。さらに、世界中の天文観測グループによって、重力波を放った天体の電磁波観測が成し遂げられました。日本でも、重力波追跡観測チームが「すばる望遠鏡」や「名古屋大学の IRSF 望遠鏡」などによって重力波源の光赤外線追跡観測を行い、重力波源の光赤外線対応天体を捉え、その時間変化を詳細に観測することに成功しましたが、これはまさに「マルチメッセンジャー天文学」の幕開けとなる歴史的なイベントとなりました。

中性子星合体では、鉄より重い金やレアメタルなどの元素を合成する過程である「r プロセス」が起き、新たに作られた元素の放射性崩壊によって電磁波が放出されること(通称「キロノバ」)が、国立天文台のスーパーコンピュータを使ったシミュレーションなどによって予測されていました。中性子星で観測された光赤外線対応天体の性質は、キロノバ放射の理論計算とよく一致しており、中性子星合体で金などの重元素合成が起きたことを強く示唆し、宇宙における「r プロセス」元素の起源は、天文学の長年の謎であり、中性子星の合体イベントにより元素の起源の解明に向けても大きな一歩となりました。

本講座では、中性子星合体による重力波源の電磁波観測の結果とその意義についてお話ししますので、ご興味のある方は、ご来校をください。

なお、講演終了後、晴天の場合は、屋上にある口径20㎝屈折望遠鏡(ニコン製)で天体観望会を開催します。

●<駿台ジュニア天文教室>

<駿台天文講座>開講前の毎月第3土曜日の15:30から、小・中学生(保護者の参加も可能)を対象として<駿台ジュニア天文教室>を開催しています。今月は、2月17日(土)15:30からの開催です。

<駿台ジュニア天文教室>は、天文や宇宙にこだわらずに身近な科学をお話しと実験で、参加者の皆さんに楽しく興味を持ってもらうことを目指しています。今月のテーマは、「宇宙のふしぎな波 重力波」で、講師は中嶋浩一先生です。

 

 

 ●<第623回駿台天文講座>

  日 時:平成30年2月17日(土)17:00~18:00

  場 所:駿台学園視聴覚室

  講 師:田中 雅臣先生(国立天文台助教)

  題 目:「重力波天体が放つ光の初観測―金やプラチナの誕生現場、中性子星合体―」

 

 ●<駿台ジュニア天文教室>

  日 時:平成30年2月17日(土)15:30~16:30

  場 所:駿台学園視聴覚室

  講 師:中嶋 浩一先生(一橋大学名誉教授)

  題 目:「宇宙のふしぎな波 重力波」

 

 ●入 場:無 料

(予約は必要ありませんので、直接お越しください。なお、自動車のご来校はご遠慮ください。)

  所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735 代表)

  最寄駅:JR・地下鉄・都電/王子駅下車/徒歩10分 

 

toTop