お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第633回<駿台天文講座>および第9回<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

その他

第633回<駿台天文講座>および第9回<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

2018/12/14

●第9回<駿台ジュニア天文教室>

12月15日(土)15:30から、小・中学生を対象とした「駿台ジュニア天文教室」を開催します(保護者方の参加も可能です)。

この天文教室は天文や宇宙を中心とした幅広いお話しと実験で、小中学生に楽しみながら科学に興味を持ってもらうことを目指しています。

今月のテーマは「暦をしらべる」です。毎日お世話になっているカレンダーですが、そこには長年にわたる人間のどんな知恵は工夫が隠されているのでしょうか。今月もお話は中嶋浩一先生(一橋大学名誉教授)です。お友達同士お誘いあわせのうえ、多数の方にご参加頂ければと思います(予約等は不要です)。

また、同日17:00から第633回<駿台天文講座>も開催します。こちらの講師は、米山忠興先生(東洋大学名誉教授)で、テーマは「月と暦」について講演します。

 

●第633回<駿台天文講座>

12月15日(土)15:30から、第633回<駿台天文講座>を開催します。今月の講師は米山忠興先生(東洋大学名誉教授)で、テーマは「月と暦」です。

日々私たちが使っている暦ですが、これまで人類は多種多様の暦を考案してきました。かつては月齢をもととした太陰暦を使う国・地域が多く存在しました。今回は「干支」に係わる中国や日本の歴史的事件、西暦年との関連性の計算方法、さらに月の形を推定のしかたや月齢の計算方法などについてお話しいただきます。

また、間もなく新年を迎えとかく干支が話題になるシーズンですので、わたしたちの生活に関わる干支、そして気象情報でもよく登場する二十四節季や、商売をする方たちの間では今なお気になる人が多い「六曜」など、古典的な暦の話題全般についてもお話しいただく予定です。

年末年始のこの時期、暦とは何かを改めて学び考える絶好の機会ですのでお誘いあわせの上お越しください。

なお、晴天の場合は、屋上の口径20㎝屈折望遠鏡で天体観望します。

 

 ●<第9回駿台ジュニア天文教室>

  日 時:平成30年12月15日(土)15:30~16:30

  場 所:駿台学園視聴覚室等

  講 師:中嶋浩一先生(一橋大学名誉教授)

  題 目:「暦をしらべる」

 

 ●<第633回駿台天文講座> 

  日 時:平成30年12月15日(土)17:00~18:00

  場 所:駿台学園視聴覚室

  講 師:米山忠興先生(東洋大学名誉教授)先生

  題 目:「月と暦」

 

 ●入場料:無 料

(予約は必要ありませんので、直接駿台学園へお越しください。なお、自動車でのご来校は、ご遠慮ください)

  所在地:東京都北区王子6-1-10(電話03-3913-5735)

    最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

 

 

 

toTop