お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第52期<駿台天文講座>閉講式・第613回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

その他

第52期<駿台天文講座>閉講式・第613回<駿台天文講座>および<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

2017/04/08

●第52期<駿台天文講座>閉講式・第613回<駿台天文講座>のお知らせ

4月15日(土)17:00から、今年度最初の第613回<駿台天文講座>を開催します。講座に先立ち、第52期開講式を行います。今月の講師は瀨戸裕貴先生(㈱アストロスケール・エンジンニア)で、テーマは「宇宙ゴミの除去のビジネス化を目指して」です _

宇宙開発は、みなさんが思っているよりもずっと身近なところにあります。例えば,みなさんが毎日当たり前のように利用しているであろう、天気予報やスマートフォンアプリの位置取得サービスも然りですが、2020年に開催される東京五輪の映像をリアルタイムで地球の裏側に届けられるのも、実は全て宇宙開発の恩恵によるものです。しかし、今やこうした「当たり前」が「宇宙ゴミ」により危険にさらされています。「宇宙のゴミ問題」は,私たちの日常を揺るがしかねない重大な問題になりつつあります。  

人工衛星は、地球の周りを周回する人工物体で、私たちは人工衛星に画像取得や通信、測量の機能を付与し利用しています。その数は,地上からの観測により存在が認識されている物体だけでも約23000個にもなりますが、現役で運用されている衛星は僅か1000機ほどです。それ以外のものは不要となった人工物体で「宇宙にさまようゴミ」となっています。 

(株)アストロスケールは、未来の世代のため、安定した持続的宇宙利用の実現に貢献することをミッションとし,2013年に設立された民間企業で、世界で初めて宇宙ゴミ問題のビジネス化を目指しています。今回の講演では、宇宙のゴミ問題の現状について触れていただく一方、アストロスケールが今後いかにしてデブリ除去をビジネス化していくかについて詳しくご講演いただきます。お誘い合わせの上ご来校ください。

なお、講演終了後、晴天の場合は、屋上にある口径20㎝屈折望遠鏡(ニコン製)で天体観望会を開催します。

 

●<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

<駿台天文講座>に先立ち、4月15日(土)15:30分から小・中学生(保護者の参加も可能)を対象とした<駿台ジュニア天文教室を開催>します 。

<駿台ジュニア天文教室>は、天文や宇宙を中心に、その他幅広くも身近な科学についての話題をとりあげ、時に実験もまじえて楽しみながら理解してもらうことを目指しています。お誘いあわせの上ふるってご参加ください(小学生は保護者同伴でお願いします)。

今月のテーマは「宇宙ゴミとは何か?」で、講師は中嶋浩一先生(一橋大学名誉教授)です。

 

●<第52期駿台天文講座開講式・第613回駿台天文講座>

日 時:平成29年4月15日(土)17:00~18:30

場 所:駿台学園小ホール

講 師:瀨戸裕貴先生(㈱アストロスケール・エンジンニア)

題 目:「宇宙ゴミの除去のビジネス化を目指して」

●駿台ジュニア天文教室

日 時:平成29年4月15日(土)15:30~16:30

場 所:駿台学園地学室

講 師:中嶋 浩一先生(一橋大学名誉教授)  

題 目:「宇宙ゴミとは何か?」

●入場料:無 料 (予約は必要ありません。直接駿台学園へお越しください。また、自動車のご来校はご遠慮ください。)  

所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735

最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分   

toTop