お知らせ一覧

HOME | お知らせ一覧 | その他 | 第620回<駿台天文講座>及び<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

その他

第620回<駿台天文講座>及び<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

2017/11/09

●第620回<駿台天文講座>のお知らせ

11月18日(土)17時から、第620回<駿台天文講座>を開催します。今月の講師は、家正則先生(国立天文台名誉教授)で、テーマは「ハッブル 宇宙を広げた男」です。

天文学史におけるハッブルの三大業績は、(1)セファイド型変光星によるアンドロメダ銀河の距離測定、(2)銀河のハッブル分類体系の提案、(3)膨脹宇宙の発見でした。膨張宇宙の発見とセファイド型変光星によるアンドロメダ銀河の距離測定は、ノーベル賞に値する業績です。

ハッブルは、膨張宇宙の発見で世界的に有名な天文学者となりましたが、周囲との衝突も多く、同僚や後輩から慕われず、パロマー5m望遠鏡の完成を見ることもなく病に倒れてしまいました。

ハッブルの偉業から実はまだ100年も経っていない現在、ジョージ・ガモフのビッグバン宇宙論の提唱、宇宙背景放射の発見を経て、人類の宇宙観は大きく広がっており、ハッブルの功績は「ハッブル宇宙望遠鏡」にその名を刻し賞賛されています。今回の講演では、エドウィン・ハッブルの生い立ちと天文学者となるまでの数々のユニークなエピソードも紹介していただきますので、各位お誘い合わせの上ご来校ください。お待ちしております。

講演終了後、晴天の場合は、屋上にある口径20㎝屈折望遠鏡(ニコン製)で天体観望会を開催します。

 

●<駿台ジュニア天文教室>のお知らせ

<駿台天文講座>開講前の毎月第3土曜日の15時30分から、小・中学生(保護者の参加も可能)を対象として<駿台ジュニア天文教室>を開催しています。

天文教室は、天文や宇宙にこだわらずに身近な科学をお話しと実験で、楽しく興味を持たせることを目指していますので、ご参加ください。今月のテーマは「天文学者 ハッブル先生」で、中嶋 浩一先生です。

 

 ●<第620回駿台天文講座>

  日 時:平成29年11月18日(土)17:00~18:00

  場 所:駿台学園視聴覚教室

  講 師:家 正則先生(国立天文台名誉教授)

  題 目:「ハッブル 宇宙を広げた男」

 ●駿台ジュニア天文教室

  日 時:平成29年11月18日(土)15:30~16:30

  場 所:駿台学園視聴覚室

  講 師:中嶋 浩一先生(一橋大学名誉教授)

  題 目:「天文学者 ハッブル先生」

 

●入場料:無 料

(予約は必要ありません。直接駿台学園へお越しください。また、自動車のご来校はご遠慮ください。)

  所在地:東京都北区王子6-1-10(電話 03-3913-5735)

  最寄駅:JR・地下鉄・都電 王子駅下車 徒歩10分

 

 

toTop