定時制について

HOME | 定時制について | 定時制の教育 | 駿台学園高等学校定時制の特長

定時制の教育

東京で唯一の私立学校の定時制高等学校。

駿台学園高等学校定時制の特長

80年以上の伝統を誇り、現在都内私立で唯一の夜間定時制です。幅広い進路に備える個別指導と国際化教育を推進しています。独自のカリキュラムにより3 年間で卒業することが可能で、全日制課程への転籍も可能です。

定時制課程は駿台学園の創立と同時に始まり、80年以上の伝統があり、駿台学園の特長である国際教育や科学教育にも力を入れています。創立当初は主に勤労青少年の教育機関でしたが、近年では中学校時代に不登校だった生徒や、高校を中途退学して、新たな進路を目指す生徒も入学しており、熱意ある教職員が細やかな指導でしっかりサポートしています。現在の就学支援金制度の下では、実質的な月々の授業料は2,100円程度です。平成26 年度は更に軽減される可能性があります。

spt.jpg

◎3年間で卒業できます。

◎私立高等学校等就学支援金、東京都私立学校等授業料軽減助成制度(都内生のみ)により、
授業料負担が軽減されます(月額負担:0~2,100円)。

◎クラブ活動・修学旅行・夏の海外語学研修などがあります。

◎年3回、学期(年)末ごとに全日制への転籍試験を実施しています。

◎不登校生徒や中途退学者(前身校の単位を認定)も受け入れています。

◎随時入学相談・転編入学試験を行っています。
 ※転編入学試験については定時制直通:03-3914-5849にご相談ください(相談時間/14:30~19:00)。

toTop